<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
愛の形。小さな家。
b0056435_1302322.jpg「人間が住むために必要なものとは何か?」
「かけがえのないものとは何か?」

ル・コルビジェの愛の形。
両親への愛の形。

1924年から今まで有り続ける"小さな家"
長さ16m・幅4m・18坪
最小限住宅。

椅子に座って43cm
肘をかけて113cm
頭の位置は183cm
手を上げたら226cm
コルビジェの思想のかたち、モデュロール。
触れることが出来ることが最も安全という役割も込められている。

「人間のために本当に必要なものとは何か?」

ただこれだけをコルビジェが追求し続けて作り上げた"小さな家"。

………


いつもタイマンで悠々と"建築"について語り続ける友達を思い出す。
「コルビジェみたいに生きるんだろうなぁ〜」なんてちょっぴり期待していたりする。
僕はリボンウィンドウが好きです。
あのささやかなネコの昼寝ドコもすごく好きです。
犬の登りL字もすごく好きです。



あんなに生き続けて今でも古めかしさのない、あの"小さな家"に感動しました。



因みに畳も6尺で183cm。
人間ってそんなに変わるものじゃないよなー。
そんな全身タイツでモデュロール兄弟の出演する「美の巨人たち」はお勧めです。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/frame/frame2.htm
んだのぉー、T〜Ki君。相変わらずHappyについて考えていることでしょう。
モデュロール兄弟やってみんか???

pic:実家にて。梅の花
[PR]
by youthelogdialog | 2005-08-30 01:34
高校以来、、、
「上? 下? どっち?」

「んじゃ、おれ上」

「オッケ、おれ下」



スタスタスタ。


ジョボボボボボーーーーーー。。。。。



「すっきりぃ〜〜〜☆★☆」

って、いうすがすがしい気分の時に、伝声管(糸電話でもなんでもよか!)が上下のト○レで繋がっていて、悩み打ち明けたら、ものすごすんなり聞いてくれるかも知れない。

そんなモノスゴすっきりしている瞬間での会話って、深そうだ、フカソウだ、フカそオスギ。。。



駄目ですか、こんな連れション用の楽しくなるアイデアは………?




-----Log-will-you.-----
You-the-log-dialog.
[PR]
by youthelogdialog | 2005-08-26 02:53
……POISON HEART…が…聞きたかったのに……
b0056435_13444731.jpg肩やら腰やらにポイズンがたまっているので今度はMONDO BIZARROを研究室に持ってきた。

これはDEE DEEからC.J.にベースが変わって初めてのオリジナルだったかな?

いいのよねぇ〜〜〜、、、

ふんふんふん♪

もうする一段落、学会YO!!

いやまだなんだけど、ちょっと、生き抜くときだよ、ポイズンハート♪



パカッ☆



………



何故逃げる。。。
わしから逃げておるな。。。
とって食いはせぬと言うのに。。。


何でCDが入っていないのよ!!
生き抜けないじゃないのよ!!

-----Log-will-you.-----
You-the-log-dialog.
[PR]
by youthelogdialog | 2005-08-23 13:40
から? カラ?? 空??? 殻?????
b0056435_138408.jpgカラガアル

カラガアルノカ

カラハヒタイデワルノダヨ

「ゴンっ」

「トガッタトコロハダメダヨ」



よく親父が教えてくれた、卵のカラの割り方。

RAMONESの"BRAIN DRAIN"を今日引っ張り出してきた。
吸い込まれるね。毎月吸い込まれた"ZERO ZERO UFO"は元気にやってるのだろうか?
いっつもライダースが欲しかった。
やっしがいっつもダウンだけで憧れて引いてたベース。
DEE DEEに憧れた。
懐かしい。
やっしのくれたビョウづくめのリストバンド。
汗でカビ生えてたけど味が出ていつも光ってる。



「???」ケースはあるけど?
CD入ってねぇじゃね〜か〜〜〜〜〜
こりゃあ、野獣降臨もんだ!!



-----Log-will-you.-----
You-the-log-dialog.
[PR]
by youthelogdialog | 2005-08-22 01:39
オモシロイ・がっこう
b0056435_1134029.jpg あまりにつまらないし肩がこったので、「ぷら〜っ」と何も考えずに誰もいない校庭を歩いてみた。すると以外とオモシロイ場所を発見!
フライパンにある二段積みの石は真ん中に立っているように見えて実は中心に据えられていないことを発見!
「知らんじゃろ?ふっふっふっ…!」と、自分だけの発見という感じで意外と嬉しい。


 それから、二号館の前にあるうねりの彫刻の裏の植物の足下を眺めてみた。低木植裁の根本っていつもは全然見ないけど、こうして目をこらしてカガンデみているとすごい森の中にいる気分になる。ミクロマンになった気分で少しいやされた。しかもそこには以外にも綺麗な石ころが沢山落ちているのだ!
「隠された財宝を発見した!」と、叫びたくて、小声で叫んだ。
小さな庭だけどまだ学校にも自然は残っているって感じれて嬉しかった。うちでのこずちが欲しいですわい。。。


 さてさて、図書館の前で誰もいない校庭を思いっきり感じてると結構大きな公園を独り占めしているような気分になれる。片手に読みもしない研究の文献をもっていることがちょっと端から見ると”スマートな感じ?”に見えるだろうか。と、自己マンして笑みがこぼれる。かっこブーだ。。。


 流れて竹の彫刻の置いてある植裁の裏へ今度は行ってみた。すると、ネコのブッチャーと遭遇。
「寝てやがる…」と思ったと同時に思いっきり森の麓ってやつか?
僕の存在に気づいて目を開いて顔を少し「チラっ!」と見るとまた「ポテッ」ち。。。寝やがる。
「このやろ〜!」
と話しかけながら近づくと一声ダルダルで「にゃ〜」と応える。
「こいつ!楽しそうだな〜!」って少し思ってソバでしゃがんで少し会話をする。ほぼ無視。
「うおっ!」という具合にその場所からは二号館前の”馬の彫刻”が結構臨場感ある雰囲気出してて次にまたまた少しびっくり。いいアングルを見つけたとか思いながら今度写真を撮ろうと思って近づくと、ブッチャーが着いてきた。まて〜、とでも言いたいのだろうか、一声ダルダル加減いい加減にしろやといいたいくらい「にゃ〜」としゃべりかける。
まぁ、でも気分も向いているし、蚊が多いベンチだけどブッチャーが座って待ってるから俺も座ってみる。しゃべりかけてもまた無視。こいつ「気ままな幸せ者だな〜」ってブッチャーとまたちょっと絆が交わされた。


 そうそう、それから蝉がよく鳴くもので「正体をあばいてやろう」と幹の下に行って探してみる。三分ほど転々と木を変えながら探してみたが一匹も正体をあばけない。
あいつら結構嫌がらせ?人間様の暑さ加減を密かに高めてるだけの顔も見せない嫌なやつだ。


 まぁ、こんな具合に片手に研究文献を抱えて歩いてみたけど実は学校にもまだまだオモシロイイチメンがある。


 今日からみんな武者修行だな〜、盟に梅田に御田ちゃんと、サコちゃんとあやのちゃんに由記と直人。あ。川浪とさとしもバイクで北に向かった。大きな旅路を自分の旗振って思いっきり楽しむ。そりゃ最高に応援したくなる。旗の振り方間違えたら怒られるぅ?振り方なんてそれぞれだ!旗を振りすぎてガッコウの旗振ること忘れてるぅ?さぁねぇ、怒られ呆れらジュッカゲツ?いま武者修行に出る皆を見て、今やる作業を見つめ直す。武者シュ?………こうなりゃ武者酒乱だ!!
うそうそ。
「自分の旗ふって生きてるやつはつえ〜な〜」ってこれ”今日から俺は”で三橋が最強不良校の相良だっけ?でかいやつかな?今井じゃない。。。なんとかってやつに言われてた、ちょっと読んでて照れくさかった一言でした、笑。
いやいや、うそうそ憧れたりしてるかも。


押す!!
[PR]
by youthelogdialog | 2005-08-22 01:19
ic! berlin
b0056435_1445643.jpgついに我が手に。。。


なんとシンプルで。

なんとシャープで。
 
なんとしなやかで。

なんと軽やかで。


ネジは一切使用されず、手と手を噛み合わせたようにフロントとテンプルが噛み合っている。
動きが瞬時に感覚にフィットする。
タフでメンテもしやすく、さらに上品で、さり気なく引き立てる。
さらにケースも考えられていて、メガネのしなやかさを有効に活用している耐久性の高い円筒形。
暗喩的にネジ型をしているところが何とも憎たらしく参ってしまう。
最小限で最大限に機能を発揮するic! berlin 名はpaul。

悩んで半年近く。
大切な記念の品であります。
一生使う気持ちで大切にします。
紹介してくれたアースケイプのdanさんとgenさん、ありがとうございました。





追伸>gaku
optivision折角紹介してくれたのにすまぬ。当初ずっと悩んだJ.F.Rey売れてしまっていたこともあり。。。決断しました!


ic! berlin : http://www.ic-berlin.de/
[PR]
by youthelogdialog | 2005-08-18 01:45
オモシロキ コトモナキヨヲ オモシロク
だいたいオモシロクナイときの自分は何が悪いのかすぐにわかる。
楽しいときを振り返ってみると、何が足りなくて何が良くないのかすぐにわかる。
でも同時に、今はオモシロクナイときを踏ん張りつづけるしかないこともわかる。


オモシロクナイ
オモシロクナイ
オモシロクナイ


オモシロキ
コトモナキヨヲ
オモシロク


こう思って、
ふらっとオモシロイイチメンを探してみることにした。
校庭から町中からふらふら歩いてみる。

例えばストアの中の注意事項の紙に「写真撮影禁止」って書いてある。いやーこれは普通だけどさ。その隣に「模写禁止」って、、、誰もストアの中でまで模写はしないと思う。
とても変だけど、笑いをくれるまちのイチメン。

他にも「スキャン・スキャン・スキャン…」って時にいつもは資料に目を通すのだが目も手も全部疲れてくる。そんなときに静かな研究室の中に響くスキャナーの「ウィー…チュオン。。。チュイーーーーーー……ン。フギョン。」って音とか、人の足音の微妙な違いに耳を澄ましてみる。すると、足音からその人の心理状態を読みとることが出来るのではないか、というくらい違いが分かってくる。人のキーボードのタッチの違いとか。アクションの大小とか。耳を澄ましてみると結構イロイロな新しいことが感じれる。
とても暇そうだけど、静けさが与える感受性を教えてくれるガッコウのイチメン。


オモシロイイチメンって結構身の回りにもあるもんだ。
[PR]
by youthelogdialog | 2005-08-14 21:13


loghope.exblog.jp