ストラテジックデザイナー
b0056435_22414480.jpg今日は九州大学に来年度より開学されるデザインストラテジー専攻の説明会を聴きに昼間からアクロスへ向かった。
近藤康夫さんが講演することもあり期待の大きい講演会だった。
今日の講演では多くのキーワードに頭の中が触発されて、頭の中の引き出しがバンバン整理されていくような、そんな気分を味わった。

夢中になり熱中し、遊び心を忘れずに過ごす。
待つのではなくて自分から感じて、つかむ。
本当にあなたは何が好きなのか?即答してみろ。

こういうことが知恵を生み出す、と近藤さんは言ってた。
時にデザイナーの会話に「海外どこやってる?」ってよく耳にするけど、そんな話が先行すべきではなくて、本来デザインとはどんな本質に対して貫いたのか、どんな思想を持ってデザインをしたかが大切だって、思いっきり語ってた。
そんな姿勢で30年間近く800ものプロジェクトを通して自己の思想を培ってきた近藤さんのABデザインには圧倒的にやられたって感じだった。
柔軟なアイデアを生み出すためには金の話ありきでもないし、マーケティング戦略だってくそくらえ。
今の時代聞かなくなった志。
バカの一つ覚えでも志を据えた魂のこもった仕事は最高。
そうやってガンガンガスガス自分のスタンスを語ってた。
僕はそういう、ドシッと腰を据えた近藤さんの姿に魅せられた。
ハスキーボイスにあの出で立ち。でも話してみると、すごくきさくな人。あこがれる50代だ。
ハスキーボイスも出で立ちも真似はできないけど、あの思想を培う姿だけは真似できるはず。
面白い人です、ほんと。
クラマタ一派の思想の深さを感じました。


チェスでも将棋でもルールだけを知っていても仕方がない。
そこに戦略がなければ意味がない。
タクティクスとストラレジー。
戦術を細かい一手一手のテクニックだとすると、それを包み込むような戦略がデザイナーには必要なのだ。
僕にはストラテジーの意味がこう聞こえた。
言われたことしかやらないのではなくて、+αを出していく。
使う人、顧客の視点からの思考を+αとして出していく。
モラルが欠けてはいけぬ、左効きの人もいらっしゃる、そんな当たり前を大切にせねばならぬ。
他にも多くの気鋭の方々が強く言ってた。
口を酸っぱくして自分に言いたい。
待つのではなくて掴んで感じろ。
志を持って、ガンガン思想を培え。
足りない。
力も想いも+αも、多くが足りない。


ストラテジックデザイナーとか未知の横文字は多かったけど、デザインストラテジー専攻の先生陣として来る人たちは激しい人たちだって、そのことだけは何となく分かった講演会。
面白かったです。
[PR]
by youthelogdialog | 2006-02-20 22:42 | DESIGN
<< アトレピュア ありがとう!! I・BA・SHO >>


loghope.exblog.jp