オモシロイ・がっこう
b0056435_1134029.jpg あまりにつまらないし肩がこったので、「ぷら〜っ」と何も考えずに誰もいない校庭を歩いてみた。すると以外とオモシロイ場所を発見!
フライパンにある二段積みの石は真ん中に立っているように見えて実は中心に据えられていないことを発見!
「知らんじゃろ?ふっふっふっ…!」と、自分だけの発見という感じで意外と嬉しい。


 それから、二号館の前にあるうねりの彫刻の裏の植物の足下を眺めてみた。低木植裁の根本っていつもは全然見ないけど、こうして目をこらしてカガンデみているとすごい森の中にいる気分になる。ミクロマンになった気分で少しいやされた。しかもそこには以外にも綺麗な石ころが沢山落ちているのだ!
「隠された財宝を発見した!」と、叫びたくて、小声で叫んだ。
小さな庭だけどまだ学校にも自然は残っているって感じれて嬉しかった。うちでのこずちが欲しいですわい。。。


 さてさて、図書館の前で誰もいない校庭を思いっきり感じてると結構大きな公園を独り占めしているような気分になれる。片手に読みもしない研究の文献をもっていることがちょっと端から見ると”スマートな感じ?”に見えるだろうか。と、自己マンして笑みがこぼれる。かっこブーだ。。。


 流れて竹の彫刻の置いてある植裁の裏へ今度は行ってみた。すると、ネコのブッチャーと遭遇。
「寝てやがる…」と思ったと同時に思いっきり森の麓ってやつか?
僕の存在に気づいて目を開いて顔を少し「チラっ!」と見るとまた「ポテッ」ち。。。寝やがる。
「このやろ〜!」
と話しかけながら近づくと一声ダルダルで「にゃ〜」と応える。
「こいつ!楽しそうだな〜!」って少し思ってソバでしゃがんで少し会話をする。ほぼ無視。
「うおっ!」という具合にその場所からは二号館前の”馬の彫刻”が結構臨場感ある雰囲気出してて次にまたまた少しびっくり。いいアングルを見つけたとか思いながら今度写真を撮ろうと思って近づくと、ブッチャーが着いてきた。まて〜、とでも言いたいのだろうか、一声ダルダル加減いい加減にしろやといいたいくらい「にゃ〜」としゃべりかける。
まぁ、でも気分も向いているし、蚊が多いベンチだけどブッチャーが座って待ってるから俺も座ってみる。しゃべりかけてもまた無視。こいつ「気ままな幸せ者だな〜」ってブッチャーとまたちょっと絆が交わされた。


 そうそう、それから蝉がよく鳴くもので「正体をあばいてやろう」と幹の下に行って探してみる。三分ほど転々と木を変えながら探してみたが一匹も正体をあばけない。
あいつら結構嫌がらせ?人間様の暑さ加減を密かに高めてるだけの顔も見せない嫌なやつだ。


 まぁ、こんな具合に片手に研究文献を抱えて歩いてみたけど実は学校にもまだまだオモシロイイチメンがある。


 今日からみんな武者修行だな〜、盟に梅田に御田ちゃんと、サコちゃんとあやのちゃんに由記と直人。あ。川浪とさとしもバイクで北に向かった。大きな旅路を自分の旗振って思いっきり楽しむ。そりゃ最高に応援したくなる。旗の振り方間違えたら怒られるぅ?振り方なんてそれぞれだ!旗を振りすぎてガッコウの旗振ること忘れてるぅ?さぁねぇ、怒られ呆れらジュッカゲツ?いま武者修行に出る皆を見て、今やる作業を見つめ直す。武者シュ?………こうなりゃ武者酒乱だ!!
うそうそ。
「自分の旗ふって生きてるやつはつえ〜な〜」ってこれ”今日から俺は”で三橋が最強不良校の相良だっけ?でかいやつかな?今井じゃない。。。なんとかってやつに言われてた、ちょっと読んでて照れくさかった一言でした、笑。
いやいや、うそうそ憧れたりしてるかも。


押す!!
[PR]
by youthelogdialog | 2005-08-22 01:19
<< から? カラ?? 空??? 殻... ic! berlin >>


loghope.exblog.jp