2004 Last Log...
b0056435_6253778.jpgまことに師走も終盤だ。今日はとことん冷えて、下校途中は大雪だった。

大晦日の早朝、雪に清められて行く年来る年を迎えるってのは、刹那寂しいものだ。

今年は、いろんな意味で行き来があった年だった。
「春」は、卒研。それにてつそん。
「夏」は、研修。それにGマーク。
「秋」は、悶々。それにコンペ。
「冬」は、社会へ。それにサローネ。

大きく分けるとそんな感じ。
「春」は、燃えて燃えて燃え続けた。体が朽ちてもいいという勢いで卒研とてつそんをやった。
「夏」は、研修でこれまた燃えて燃えて燃え込んだ。東京でテント生活一ヶ月って、こんな稀な体験はそうはできない。
「秋」は、卒研や研修、今まで培ってきた自分自身や、これからの自分自身、なんだか自分の生活にすごく疑問や違和感を感じた時期。何かたくさんの自分の中の回線が切れていった感じがあった。
「冬」は、社会に向けての下準備に、自分自身の再始動。何かデザインを学びだしたころの初心に似た感覚というか、本当にパワーだけしかなかったあの頃のような、そんな感覚と似たものが蘇ってきている感じを心に師走を迎えた。

やっぱり今年一年間は、すごいスピードで、かつ重みのある年だった気がする。そして歯車が今の時期にきて新品に入れ替わった感じ。しっかりと自分の中で噛み合っている気が何となくだが、する。presentやTAとかもすごく自分を成長させてくれたし、研究室のプロジェクトも今でも抱えきれないくらいあってまだまだ燃焼しきってないけども、更にスピード上げて駆け抜けたい。

自分にとって、今年一番得れたものは。なんだろう?
「春」は、卒研ではやり抜き耐え抜く"気合い"をもらった。てつそんでは"最高の繋がり"をもらった。
「夏」は、研修で社会のスピードとパワーに負けない"気合い"を培った。同時に先端の人たちの背中を肌で感じれたし、Gマークでも"気合い"と"繋がり"がもらえた。
「秋」は、悶々と自分を見つめた。コンペとかいろいろな繋がりにより何かと"気合い"は忘れないようにした。
そして今、今年最後だけど、「冬」。
「冬」は、社会へ向けての一心になる時期。抱えに抱えた研究室のプロジェクトや、たった今熱く発足したサローネ。一番熱い気がする。何だろう、一年間セルフマネジメントができないとだめだ、って感じる反面、"気合い"でやり抜くパワーも蓄えられた気がする。
セルフマネジメントをより高見に持っていくことがひとつの来年の課題であり、
セルフマインドをより高見に積み上げていくのもやっぱり来年の課題である。

なんだかこうして文章読み直してみると、、、昔から変わらない気がする。"気合い"という言葉ばかり使っている自分をめちゃくちゃ見てきたけど、やっぱりそれが僕の根底かも。
成長ね〜〜〜〜〜!!
まぁいいや、気合いは気合いだ!!写真のように直進あるのみ!!ダッシングストレート!!要するにやっぱり気合いです。今年の反省会は"気合い"に始まり、"気合い"に終わりますが、この辺で締めとさせていただきます。


『最後に、僕にいつもハッピーとパワーくれた、大切な繋がりに一番感謝しています。』


よいお年を。



-----Log-will-you.-----
You-the-log-dialog.
[PR]
by youthelogdialog | 2004-12-31 07:14
<< 謹賀新年◇◆◇ Links更新!! >>


loghope.exblog.jp