present vol.5大盛況
b0056435_1334966.gif一昨日、無事present vol.5が終わった。
着実にオーディエンスも増えてきて、演習室(というデザイン特訓所)じゃスペースに余裕がないくらい大盛況だった。50人以上が見に来てくれた。
ボスのクロさんもThinking Time中に満面の笑みを見せてくれるくらい、ホント喜びが顔に出ていた。
僕は今回は写真撮影として動き回っていたのだが、人口密度が高すぎて撮影レポ初心者の僕には少し難しかった。途中でテーブル「一人暮らしのインテリアプロダクト」が盛り上がりに欠けていたので入り込んで適当にノリでしゃべりながら絵を描いて盛り上げにのめり込んだりもして撮影レポをサボったりもした。(お許しを、クロさん)
プレゼンテーションだが、今回もまたまた良かった。特に二年生のプレゼンのレベルの高さにビックリした。周りの先輩陣も同じことを言っている人が多いのだが、今年の二年生のハングリー精神には本当に感心する。それでもって遊びも忘れていないってのが、僕が2・3年生の頃には到底なせなかった生活を送っている。本当にそんな後輩陣から沢山の刺激をもらって燃える自分を最近よく感じる。いつも楽しく訪ねてくる彼らが僕の原動力の一つになっているのだ。嬉しい。
同じ志を持つ縦の繋がりというものは本当に大切だと思う。かつて僕を快く迎えてくれた先輩陣の優しさが、自然とそのことを教えてくれている。今は僕がそんな刺激をいつもくれていた先輩になってきたのだが、本当に楽しい。訪ねてきてくれる嬉しさに、パワーを倍増にして一生懸命の彼らに答えるべき一生懸命を見せたいと思う。

presentでは毎回終わった後に飲み会に移動して、お疲れ様から反省会、そして気ままにトークを楽しむ。最近よくクロさんの卒業後に続けるべきpresentの後継継続について考える。恐らく次回のpresentがクロさん最後のpresentになるだろう。スタッフ陣でも引っ張るべく協力体制をしっかり作っていこうと考えている。新しいスタッフも入れるべく少しずつ声を掛けている。でも僕の中で一番の不安は誰がそのクロさんの後継として引っ張るかだ。年代でいえば僕らなのだが、僕にはリーダーとしての資質に掛ける部分があるし、カリスマという雰囲気も全くない。けど、ずっと後々まで続いていくような、芸工大の一つの縦の繋がりの基盤としてpresentを定着させていきたい、という気持ちは本気で持っている。もっとクロさんから吸収してスタッフみんなでその基盤を作っていきたい。今はどうすればいいのかまだ明確ではないが、自分の中でそのことに関してしっかりしたシンプルでパワフルな気合いの原動力になる何かを確立したい。そんなものないのかも知れないけど、とにかくpresentをずっと続けていきたい。と、よく考えている。

クロさん今回もお疲れ様でした!!
後継継続のための伝授教鞭を打ちまくってあげてください!!
そんな感じで燃えています。絶対燃え続けさせます。プレゼントのリボンの赤はファイヤーの赤です!!俺にとっては。
[PR]
by youthelogdialog | 2004-12-12 14:16
<< 都市が大きくなること 臨場感[表裏投影] 〜質感観察... >>


loghope.exblog.jp