FTRを修理する
b0056435_22303883.jpg

昨日、劣化したバッテリーやスパークプラグ、エンジンオイルに加えてブレーキまで悪くなっていたため走らなくなっていたFTRを復活させた糕

バッテリーは約2年の寿命にも関わらず5年使い、

プラグも5年も持たせ、先端は焦げ付き、

最悪なことにオイルも1年も変えないで燃焼してしまい、最悪エンジン焼き付きを想像してしまうような悪態による使い込み………

それじゃあ、使われるFTRも悲しむはず………常に申し訳ない状態だったからかFTRは走らなくなっていた。

しかし、昨日1日かなり久しぶりにバイクと向き合う時間を作れたためプラグを450円で購入し、バッテリーを真空もの約3000安で購入し、交換をしてやった。

なくなっていたエアフィルター送風チューブもレーサー仕様の代替品で繋いでもらって、ばっちりまた走るように回復◎

やっぱりしっかり順調な音を出してくれることが、バイクも同じくそうであるべき…

そうおもったバイクとの1日だった☆
[PR]
by youthelogdialog | 2009-10-16 22:30
戦争に対して個人がやれる最大の行為 >>


loghope.exblog.jp