二つの欲
nahoxx先輩がとっても面白いことを言っていた。

欲には二つの種類があって、

一つは「cry for the moon」



一つは「Greed」

だ。

上は「全く不可能な事を希望する」という語意の英語圏の慣用句で

日本では「名月をとってくれろと泣く子かな」(by 小林一茶)があるという。

下は、七つの大罪でも出てくる強欲・貪欲の部類。

常日頃、酒の場で語り合う夢や希望は「cry for the moon」だ。

基本的に、はるかかなたに切望する文句なので誰にもダメージがないこともあり、綺麗でキラキラしている。

しかし「Greed」がなくては心で野望するその夢や希望には近づけない気もする。

ドロドロして、どこかに痛みを生じるこの概念。。。

うーむ、、、

「cry for the moon」も

「Greed」も

あくまで「欲」の中でバランスをとっているものたちの気もする。。。

むむむむむ。。。
[PR]
by youthelogdialog | 2009-08-07 22:11
<< 今日は終戦の日 湯上がり雷雨 >>


loghope.exblog.jp