初恋の人からの手紙
ゆうちゃん、ひさしぶり。
今でもポニーテールに執着していますか?「ポニーテールじゃなきゃ女じゃない」と毎日私に言っていたゆうちゃんをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にゆうちゃんが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう12年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、何か伝えたいことがあるとか用事があるとかではないんです。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけなんです。ふふ。

今振り返って考えてみると、あのころの私ってゆうちゃんに迷惑かけてばかりでしたよね。でも、いつもツンツンしてる私にゆうちゃんは「おまえの純粋さは分かっているから」なんて言ってくれて、少し引いたけど、なんだか心温まったのを覚えています。当時クラスメイトと浮気していた私はフクザツな気持ちではあったけれど、そんな風に言ってくれる人はいなかったから。

私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえばゆうちゃんにとっては初恋の相手が私でしたよね。最初のころのゆうちゃんはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。

私たちが付き合い始めたころ、ゆうちゃんは「こんな気持ちになることはもう一生ない。ずっと一緒にいてくれ」と言ってくれましたよね。「それはちょっと・・・」と思ったりもしましたが、嬉しかったです。そういう口だけなところもゆうちゃんらしかったですね。

ゆうちゃんと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。ゆうちゃんと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はゆうちゃんが大好きでした。これからもゆうちゃんらしさを大切に、あと自販機のおつり出口をいちいちチェックするのはもうやめて(笑)、いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 今もブリーフ派のままですか?気になります。


http://letter.hanihoh.com/


以上、マイミクがやってて面白そうなのでやってみた。。。
こういう始まり方の文面になぜか食い入ってしまった君!!
是非おためしあれ。


俺について↓

【短評】
しっかり者であり、リーダー気質。女性を引っ張るタイプだが、配慮もできる。ただし弱味を見せない。
【あなたの恋愛事情を考察】
ゆうちゃんさんは基本的に、ふられるよりはふる側になることが多いと思います。ふられる側になることがあるとしても、ゆうちゃんさんの気持ちが分からなくなった相手が、不安のあまり自ら逃げ出すような形でしょう。

ゆうちゃんさんは、わりと恋愛において「強者」の側にいるのだと思います。また人に頼られるのは好きでも、何事も相手に頼ったり任せたりするのはあまり好きではないのではないでしょうか。それが相手を不安にさせるのです。「私、いる意味あるのかな」と。

ここから言える、ゆうちゃんさんにありそうな問題点を列挙します。

◆隙や弱味を見せないことで相手に不安を抱かせる。
◆初対面でオーラはあるがとっつきにくい。かわいげがない。
◆相手からするとゆうちゃんさんの気持ちが分からない。
◆結果として相手が不安になり、ネガティブになる。ゆうちゃんさんはそれを重苦しく感じる。


さてさて、どうでしょう・・・恋愛している自分は、、、はたしてどんな風に見えるのでしょう・・・
[PR]
by youthelogdialog | 2009-03-12 23:13
<< たばこアレルギー Quality Life 2009 >>


loghope.exblog.jp