カーボンフットプリント制度
b0056435_23502888.jpg
これは、商品の原材料調達から廃棄、リサイクルまでの過程で排出される二酸化炭素の量を表示する制度です。

どこまで浸透可能なのか分かりませんが非常に力の入った良い制度だと思います。

しかし、カーボンフットプリントの記事を見ていて毎回思っていたけど、もし可能であるならもう一歩踏み込んでエネルギーの内訳まで表示してもらえたら更に良いと思う。

商品の原材料調達から製作、廃棄リサイクルまでの過程で何がどう使われてどれだけエネルギーを必要としたか。

1.原材料加工場までの運搬にかかったエネルギー:輸送に使用したものと燃料の内訳

2.製作にかかったエネルギー:加工に使用したものとその燃料の内訳

3.廃棄・リサイクル処理場までの運搬にかかったエネルギー:輸送に使用したものと燃料の内訳

4.廃棄・リサイクル処理にかかったエネルギー:廃棄・リサイクル加工に使用したものと燃料の内訳

この4つだけでもいいから、使用されるエネルギーの内訳を知れることで変わる、もしくは生まれる認識はあると思う。

特にものづくりに関わっていく身として非常に知りたい部分の一つである。
[PR]
by youthelogdialog | 2009-03-04 23:50
<< Quality Life 2009 present PRO >>


loghope.exblog.jp